【定義】eラーニングとは、そもそも何だろう?

eラーニングとは

パソコンやスマホ/タブレット端末などを使って勉強することをeラーニングと呼びますが、それは単にデバイスだけに注目したものであって本質ではありません。ではeラーニングの本質とは何か?活用するにはどうすれば良いのか?そんな疑問をお持ちの方も少なくないはず。eラーニングとは何かという定義に始まり、よく聞くLMSMOOCSCORMEdxなどの重要な用語に強くなってeラーニングの達人を目指しましょう。
(さらに…)

歴史/トレンドもっと見る

歴史/トレンド

ハードとソフトそれぞれの発展と教材の標準化などにドラマあり
1980年代に生まれたコンピューターによる教育支援という考え方から始まり、インターネットの普及やハードウェアの発達に伴うコンテンツのリッチ化によってCBT、そしてWBTと進化を遂げてきたeラーニングの歴史を紐解きます。ハード、ソフト両面の発展だけでなく、SCORMと呼ばれる統一規格の模索など、現在のeラーニングでは当たり前になっていることが生まれた経緯にも注目です。

歴史/トレンドをもっと見る

メリット/デメリットもっと見る

メリット/デメリット

eラーニングが持つメリットとデメリット、重要なのはバランス感覚
メリットには、その裏返しとなるデメリットがあるように、eラーニングが持つ大きなメリットにもその裏返しでデメリットと捉えられている面もあります。eラーニングが持つメリットや可能性をうまくいかしつつ、デメリットとされている動機付けやメンタリングなどの問題をいかに補うか。eラーニング以外の教育手法も含めて、うまくバランスをとりながら問題を解決し、目的を達成する方法を考察しています。

メリット/デメリットをもっと見る

事 例もっと見る

各分野で普及が進むeラーニングの導入事例から学ぶ有効活用法
各分野、多方面で導入されているeラーニングの事例をまとめています。当初は専ら教育機関で補完的に利用されてきたeラーニングですが、現在ではコンプライアンス徹底など企業の研修や個人の自己研鑽や資格試験対策、本格的なオンライン大学など、実に多くの分野で普及が進んでいることが分かります。現在eラーニングの導入を検討されている方にとって、とても参考になる事例集です。

用 語もっと見る

続々と新しい用語が登場し続けるeラーニング関連用語を基本から網羅
移り変わりの速いITをベースにしていることもあり、続々と新しい言葉が登場するeラーニングの基本的な用語から最新の用語までを詳しく解説しています。MOOCsを中心とするEdxUdacityTELSなど、大学教育を根底から変える可能性も秘めた動きも活発化しており、ここからeラーニングの現在、最新トレンドが見えてきます。

企業/団体もっと見る

eラーニングの関連団体や企業をそれぞれの役割別に分類したリンク集
eラーニングに関連する団体をはじめ、サービス提供企業を集めたリンク集です。サービス提供企業についてはeラーニングの仕組み、LMSなど学習管理システムを構築する企業とコンテンツ(教材)制作を担う企業に分類して紹介しています。

トップへ戻る