【定義】eラーニングとは、そもそも何だろう?2013.09.23

パソコンやスマホ/タブレット端末などを使って勉強することをeラーニングと呼びますが、それは単にデバイスだけに注目したものであって本質ではありません。ではeラーニングの本質とは何か?活用するにはどうすれば良いのか?そんな疑問をお持ちの方も少なくないはず。eラーニングとは何かという定義に始まり、よく聞くLMSMOOCSCORMEdxなどの重要な用語に強くなってeラーニングの達人を目指しましょう。

これからeラーニングの導入を検討している方、もしくはすでに導入しているものの分からない点が多いという方のために簡単に用語を解説します。

eラーニングとは、ITの進化が可能にした新しい教育の仕組み

学校教育の分野だけでなく、企業研修や資格試験の受験対策、語学学習などに幅広く利用されています。近年ではインターネットを利用した双方向の教育手法も普及しており、通信を使ったICT教育の新しい形としても定着しています。具体的にはeラーニングサービスは、テキスト/画像/動画を活用した教材を学習管理システムLMSから配信し、学習者の受講履歴やテスト成績をコンピュータを使った総合管理するものです。

遠隔地でも同じ品質の教育を実施することができることや、双方向性を活かした活発なやり取り、コストダウンなどメリットは多く、現在も活用の幅が広がり続けています。その一方で実体験を重視する教育には不向きであるなどの指摘もありますが、こうした課題については改善され続けています。

続いてeラーニングのメリット/デメリットを見ていきます。

【メリット/デメリット】画期的な学習法を可能にしたeラーニングには、独特の弱点も

このエントリーをはてなブックマークに追加

トップへ戻る